X3はBMWが2004年から販売しているSUVです。

X3はBMWが販売するSUVシリーズのミドルクラスの車で、 このほかシリーズではX1やX5などが販売されています。

1999年にXシリーズのなかで先行して販売していたX5の成功を受け、X3はX5のボディサイズをそのまま一回り小さくしたミドルクラスのSUVとして登場し、その名のとおり同社の3シリーズのプラットフォームや部品を多く流用するかたちで開発されました。

なおX3は2011年、2017年にフルモデルチェンジを行っており、現在販売している車両は3代目モデルとなります。

以下ではX3の型式やグレード、簡単なスペックなど基本情報を説明したあとで、型式ごとの維持費の目安、中古車価格帯を紹介していきます。

初代 E83系X3(2004-2011)

初代 E83系X3の基本情報

初代X3は2004年に登場し、開発に使用されているモデルコードから通称E83系と呼ばれています。

初代 E83系X3の型式

初代X3の型式はPA25、PC25、PA30、PC30の4種類です。

それぞれの型式は以下のとおり排気量や年式によって区分されています。

型式 排気量 年式
PA25 2500cc 2004.6-2006.9
PC25 2006.10-2011.2
PA30 3000cc 2004.6-2006.9
PC30 2006.10-2011.2
PA25/PC25型X3、PA30/PC30型X3はそれぞれ年式が異なるものの、排気量は同等ですのでスペック・維持費の目安・中古車価格帯の項目ではまとめて紹介します。

初代 E83系X3のグレード

初代X3の主なグレード構成は以下のとおりです。

グレード PA25 PC25 PA30 PC30
標準 2.5i 2.5si
xDrive 25i
上級 3.0i 3.0si
xDrive 30i

初代 E83系X3のスペック

初代X3のスペックは以下のとおりです。

項目 型式
PA25
PC25
PA30
PC30
エンジン ガソリン
排気量 2500cc 3000cc
駆動方式 4WD
ターボ
使用燃料 ハイオク
車両重量 1760〜1800kg 1790〜1830kg
想定実燃費 7.6km/L 6.9km/L

初代 E83系X3の維持費の目安

PA25/PC25

PA30/PC30

 
初代X3の維持費は型式によって異なり、年間306,375~331,075円(月あたり約25,500~27,600円)が目安となります。

  • PA25/PC25型X3
    →306,375円/年(約25,500円/月)
  • PA30/PC30型X3
    →331,075円/年(約27,600円/月)
自動車税+重量税+車検費用+自賠責+燃料代の合計額

維持費の算出根拠

維持費はすべて1年間の費用として算出しています。
また重量税と自賠責の支払いは車検と同時に行いますので、重量税、車検費用、自賠責は2年に1回の車検の際に発生する費用を1年分に按分した金額になります。

  1. 自動車税
    自動車税は排気量によって異なります。
    PA25/PC25型X3は2000〜2500ccの課税クラス、PA30/PC30型X3は2500〜3000ccの課税クラスに該当します。
    また新車登録後すでに13年以上が経過している一部の車両については環境負荷の観点から自動車税が約15%増額されますが、維持費は標準税額をもとに算出しています。

    型式 標準税額 13年経過
    PA25
    PC25
    45,000円 51,700円
    PA30
    PC30
    51,000円 58,600円
  2. 重量税
    重量税は車両重量によって異なりますが、初代X3はすべて同じ課税クラス(1500〜2000kg)に該当します。
    また新車登録後すでに13年以上が経過している一部の車両については、環境負荷の観点から重量税が約40%増額されますが、維持費は標準税額をもとに算出しています。

    型式 標準税額 13年経過
    PA25
    PC25
    16,400円 22,800円
    PA30
    PC30
  3. 車検費用
    車検代行料金、一般消耗品の交換費用などを含め車検費用を50,000円としています。
  4. 自賠責
    初代X3は自家用乗用車に該当しますので、自賠責の金額は10,775円となります。
  5. 燃料代
    年間10,000km走行、ハイオク1Lあたり140円を前提条件として、基本情報で説明した想定実燃費をもとに燃料代を算出しています。

    型式 燃料代
    PA25
    PC25
    184,200円
    PA30
    PC30
    202,900円

任意保険料について

任意保険料は加入者の年齢やフリート等級などによって大きく変動するため維持費の目安から外しています。

ご参考までに、任意保険料は型式ごとの保険支払状況に基づいて毎年料率クラスを算出しており、損害保険料率算出機構の定める2021年の初代X3の型式別料率クラスは以下のとおりとなります。

料率クラスは1~17に区分され、数字が小さければ保険料が安く、大きければ保険料が高くなります。
補償内容 料率クラス
PA25 PC25 PA30 PC30
対人賠償責任保険 7 6 11 10
対物賠償責任保険 8 9 5 8
搭乗者傷害保険 6 7 7 7
車両保険 8 11 9 11

ほとんどの保険会社がこの料率クラスをもとに保険料を決定していますが、具体的な算出方法は各社に委ねられているため会社によって保険料は異なります。

複数の保険会社の保険料を比較したい場合は無料の一括見積もりサービスを活用しましょう。

初代 E83系X3の中古車価格帯

初代X3の型式別の中古車価格帯は以下のとおりです。

初代X3は市場に流通する中古車が少ないため、それぞれ全年式をとおした中古車価格帯としています。
年式 中古車価格帯(車両価格)
PA25
PC25
PA30
PC30
2004年

2011年
20〜125万円 40〜115万円

非公開車両をさがす 愛車を最高額で売る

2代目 F25系X3(2011-2017)

2代目 F25系X3の基本情報

2代目X3は2011年に登場し、開発に使用されているモデルコードから通称F25系と呼ばれています。

2代目 F25系X3の型式

2代目X3の型式はWX20、WX30、WX35、WY20の4種類です。

それぞれの型式は以下のとおりエンジンの種類や排気量、年式によって区分されています。

型式 エンジン 排気量 年式
WX20 ガソリン 2000cc 2012.3-2017.9
WX30 3000cc 2011.3-2012.2
WX35 2011.3-2017.9
WY20 ディーゼル 2000cc 2012.9-2017.9
WX30/WX35型X3は年式が異なるものの、エンジンの種類や排気量は同等ですのでスペック・維持費の目安・中古車価格帯の項目ではまとめて紹介します。

2代目 F25系X3のグレード

2代目X3の主なグレード構成は以下のとおりです。

グレード WX20 WX30 WX35 WY20
標準 xDrive 20i
xDrive 28i
xDrive 28i xDrive 35i xDrive 20d
上級 xDrive 20i Xライン
xDrive 28i Xライン
xDrive 35i Xライン xDrive 20d Xライン
スポーツ xDrive 20i Mスポーツ
xDrive 28i Mスポーツ
xDrive 35i Mスポーツ xDrive 20d Mスポーツ

2代目 F25系X3のスペック

2代目X3のスペックは以下のとおりです。

項目 型式
WX20 WX30
WX35
WY20
エンジン ガソリン ディーゼル
排気量 2000cc 3000cc 2000cc
駆動方式 4WD
ターボ 混在
使用燃料 ハイオク 軽油
車両重量 1830〜1860kg 1850〜1900kg 1840kg
想定実燃費 9.7km/L 7.3km/L 13.4km/L

2代目 F25系X3の維持費の目安

WX20

WX30/WX35

WY20

 
2代目X3の維持費は型式によって異なり、年間192,375~319,975円(月あたり約16,000~26,700円)が目安となります。

  • WX20型X3
    →254,575円/年(約21,200円/月)
  • WX30/WX35型X3
    →319,975円/年(約26,700円/月)
  • WY20型X3
    →192,375円/年(約16,000円/月)
自動車税+重量税+車検費用+自賠責+燃料代の合計額

維持費の算出根拠

維持費はすべて1年間の費用として算出しています。
また重量税と自賠責の支払いは車検と同時に行いますので、重量税、車検費用、自賠責は2年に1回の車検の際に発生する費用を1年分に按分した金額になります。

  1. 自動車税
    自動車税は排気量によって異なります。
    WX20/WY20型X3は1500〜2000ccの課税クラス、WX30/WX35型X3は2500〜3000ccの課税クラスに該当します。

    型式 税額
    WX20 39,500円
    WX30
    WX35
    51,000円
    WY20 39,500円
  2. 重量税
    重量税は車両重量によって異なりますが、2代目X3はすべて同じ課税クラス(1500〜2000kg)に該当します。
    またWX20型X3の一部のグレード、およびディーゼルエンジンを搭載したWY20型X3はエコカーに認定されているため重量税が軽減されます。(WX20型X3についてはエコカーに該当するグレードをもとに維持費を算出しています。)

    型式 エコカー 標準税額
    WX20 10,000円 16,400円
    WX30
    WX35
    WY20 10,000円
  3. 車検費用
    車検代行料金、一般消耗品の交換費用などを含め車検費用を50,000円としています。
  4. 自賠責
    2代目X3は自家用乗用車に該当しますので、自賠責の金額は10,775円となります。
  5. 燃料代
    年間10,000km走行、ハイオク1Lあたり140円、軽油1Lあたり110円を前提条件として、基本情報で説明した想定実燃費をもとに燃料代を算出しています。

    型式 燃料代
    WX20 144,300円
    WX30
    WX35
    191,800円
    WY20 82,100円

任意保険料について

任意保険料は加入者の年齢やフリート等級などによって大きく変動するため維持費の目安から外しています。

ご参考までに、任意保険料は型式ごとの保険支払状況に基づいて毎年料率クラスを算出しており、損害保険料率算出機構の定める2021年の2代目X3の型式別料率クラスは以下のとおりとなります。

料率クラスは1~17に区分され、数字が小さければ保険料が安く、大きければ保険料が高くなります。
補償内容 料率クラス
WX20 WX30 WX35 WY20
対人賠償責任保険 5 12 7 2
対物賠償責任保険 8 9 8 8
搭乗者傷害保険 8 7 8 7
車両保険 14 13 15 15

ほとんどの保険会社がこの料率クラスをもとに保険料を決定していますが、具体的な算出方法は各社に委ねられているため会社によって保険料は異なります。

複数の保険会社の保険料を比較したい場合は無料の一括見積もりサービスを活用しましょう。

2代目 F25系X3の中古車価格帯

2代目X3の型式別の中古車価格帯は以下のとおりです。

WX20型X3、WX30/WX35型X3は市場に流通する中古車が少ないため、それぞれ全年式をとおした中古車価格帯としています。
年式 中古車価格帯(車両価格)
WX20 WX30
WX35
WY20
2011年 130〜335万円 100〜335万円
2012年 120〜270万円
2013年
2014年 190〜325万円
2015年 215〜365万円
2016年 255〜375万円
2017年 305〜390万円

非公開車両をさがす 愛車を最高額で売る

3代目 G01系X3(2017-)

3代目 G01系X3の基本情報

3代目X3は2017年に登場し、開発に使用されているモデルコードから通称G01系と呼ばれています。

3代目 G01系X3の型式

3代目X3の型式はTR20、TY20、TS20、TY30、TX20、TX30の6種類です。
このうちTY20/TS20/TY30型X3は市場の中古車台数がわずかなためこのページでは割愛します。

それぞれの型式は以下のとおりエンジンの種類や排気量によって区分されています。

型式 エンジン 排気量
TR20 ガソリン 2000cc
TX20 ディーゼル
TX30 3000cc

3代目 G01系X3のグレード

3代目X3の主なグレード構成は以下のとおりです。

グレード TR20 TX20 TX30
標準 xDrive 20i xDrive 20d
上級 xDrive 20i Xライン xDrive 20d Xライン
スポーツ xDrive 20i Mスポーツ xDrive 20d Mスポーツ M40d

3代目 G01系X3のスペック

3代目X3のスペックは以下のとおりです。

項目 型式
TR20 TX20 TX30
エンジン ガソリン ディーゼル
排気量 2000cc 3000cc
駆動方式 4WD
ターボ
使用燃料 ハイオク 軽油
車両重量 1830kg 1860kg 1980kg
想定実燃費 10.0km/L 13.6km/L 13.4km/L

3代目 G01系X3の維持費の目安

TR20

TX20

TX30

 
3代目X3の維持費は型式によって異なり、年間187,675~253,175円(月あたり約15,600~21,100円)が目安となります。

  • TR20型X3
    →253,175円/年(約21,100円/月)
  • TX20型X3
    →187,675円/年(約15,600円/月)
  • TX30型X3
    →202,875円/年(約16,900円/月)
自動車税+重量税+車検費用+自賠責+燃料代の合計額

維持費の算出根拠

維持費はすべて1年間の費用として算出しています。
また重量税と自賠責の支払いは車検と同時に行いますので、重量税、車検費用、自賠責は2年に1回の車検の際に発生する費用を1年分に按分した金額になります。

  1. 自動車税
    自動車税は排気量によって異なります。
    TR20/TX20型X3は1500〜2000ccの課税クラス、TX30は2500〜3000ccの課税クラスに該当します。
    また自動車税制改正により2019年10月1日以降に新車登録された3代目X3の自動車税は減額されるため、維持費は新税額をもとに算出しています。(2019年9月30日以前に新車登録された3代目X3には旧税額が適用されます。)

    型式 新税額(2019/10/1以降) 旧税額
    TR20 36,000円 39,500円
    TX20
    TX30 50,000円 51,000円
  2. 重量税
    重量税は車両重量によって異なりますが、TR20/TX20/TX30型X3は同じ課税クラス(1500〜2000kg)に該当します。
    またディーゼルエンジンを搭載したTX20/TX30型X3はエコカーに認定されているため重量税が軽減されます。

    型式 エコカー 標準税額
    TR20 16,400円
    TX20 10,000円
    TX30
  3. 車検費用
    車検代行料金、一般消耗品の交換費用などを含め車検費用を50,000円としています。
  4. 自賠責
    3代目X3は自家用乗用車に該当しますので、自賠責の金額は10,775円となります。
  5. 燃料代
    年間10,000km走行、ハイオク1Lあたり140円、軽油1Lあたり110円を前提条件として、基本情報で説明した想定実燃費をもとに燃料代を算出しています。

    型式 燃料代
    TR20 140,000円
    TX20 80,900円
    TX30 82,100円

任意保険料について

任意保険料は加入者の年齢やフリート等級などによって大きく変動するため維持費の目安から外しています。

ご参考までに、任意保険料は型式ごとの保険支払状況に基づいて毎年料率クラスを算出しており、損害保険料率算出機構の定める2021年の3代目X3の型式別料率クラスは以下のとおりとなります。

料率クラスは1~17に区分され、数字が小さければ保険料が安く、大きければ保険料が高くなります。
補償内容 料率クラス
TR20 TX20 TX30
対人賠償責任保険 7 6 11
対物賠償責任保険 6 7 12
搭乗者傷害保険 7 7 7
車両保険 13 16 16

ほとんどの保険会社がこの料率クラスをもとに保険料を決定していますが、具体的な算出方法は各社に委ねられているため会社によって保険料は異なります。

複数の保険会社の保険料を比較したい場合は無料の一括見積もりサービスを活用しましょう。

3代目 G01系X3の中古車価格帯

3代目X3の型式別の中古車価格帯は以下のとおりです。

3代目X3の新車価格は公式サイトをご参照ください。
年式 中古車価格帯(車両価格)
TR20 TX20 TX30
2017年 460〜585万円 420〜545万円
2018年 400〜580万円 650〜795万円
2019年 430〜625万円
2020年 535〜690万円

非公開車両をさがす 愛車を最高額で売る

X3のライバル車

X3とよく比較されるライバル車としては、ベンツのGLCクラスやボルボのXC60、レクサスのNXなどが挙げられます。

【型式別】ベンツ・GLCクラスの維持費と中古車価格帯

2020年10月1日

【型式別】ボルボ・XC60の維持費と中古車価格帯

2020年9月11日

【型式別】レクサス・NXの維持費と中古車価格帯

2018年11月16日
なお同じくXシリーズとして販売されているX1とX5の維持費や中古車価格帯については以下の記事で紹介しています。

【型式別】BMW・X1の維持費と中古車価格帯

2018年6月21日

【型式別】BMW・X5の維持費と中古車価格帯

2019年1月10日

その愛車、下取りに出すつもりじゃありませんか?

車を売却する場合にまず考えるのが販売店への下取りですが、

  • 車の適性売却価格がわからない
  • 販売店の査定が妥当か判断できない
  • 交渉が苦手で販売店の提案をそのまま受けてしまう
  • といった方がほとんどのため下取りでは買取価格が安くなりがちです。

     

    ユーカーパックの愛車買取査定サービスなら、

  • 査定はユーカーパックや地域の提携業者の1回のみ
  • たくさんの業者と直接価格交渉する必要なし
  • 5000社以上の業者がオークション形式で競り合うため売却価格が高くなる
  • といったメリットがあり、交渉が苦手な方でも手間をかけずに高く愛車を売却可能です。

     

    もちろん無料のサービスとなりますので、下取りで損をしないためにも積極的に活用していきましょう。
    愛車を最高額で売る