LSはレクサスが2006年から販売している大型の高級セダンです。

LSは1989年からレクサスLSとして海外で販売していて、2006年のトヨタを代表する高級セダンのセルシオの販売終了に伴い、国内における車名を海外仕様のLSに統一するかたちで後継車として販売しています。

レクサスブランドを象徴する高級感や先鋭かつ精妙なデザイン性が高く評価され、販売開始年に日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞するとともに、日本車で初となるワールドカー・オブ・ザ・イヤーを受賞するなど、名実ともにレクサスブランドを代表するフラッグシップモデルとなっています。

LSは「Luxury Sedan」の頭文字から取られたものであり、高級感にこだわったレクサスを代表するセダンとして相応しい名前となっています。

なおLSは2017年にフルモデルチェンジを行っており、現在販売されている車両は2代目モデルとなります。

以下ではLSの型式やグレード、簡単なスペックなど基本情報を説明したあとで、型式ごとの維持費の目安、中古車価格帯を紹介していきます。

初代 XF40型LS(2006-2017)

初代 XF40型LSの基本情報

初代LSは2006年から日本国内での販売を開始し、すべての型式で使用されている数字が40台であることから通称XF40型と呼ばれています。

初代 XF40型LSの型式

初代LSの型式はUSF40、USF41、USF45、USF46、UVF45、UVF46の6種類です。

それぞれの型式は以下のとおりエンジンの種類や駆動方式、ボディサイズによって区分されています。

型式 エンジン 駆動方式 ボディサイズ
USF40 ガソリン 2WD 標準
USF41 ロング
USF45 4WD 標準
USF46 ロング
UVF45 ハイブリッド 標準
UVF46 ロング
USF40/USF41型LS、USF45/USF46型LS、UVF45/UVF46型LSはそれぞれボディサイズが異なるものの、エンジンの種類や駆動方式が同じですのでスペック・維持費の目安・中古車価格帯の項目ではまとめて紹介します。

初代 XF40型LSのグレード

初代LSの主なグレード構成は以下のとおりです。

グレード USF40 USF41 USF45 USF46 UVF45 UVF46
標準 LS460 LS460 LS600h
上級 LS460 バージョンC LS460L LS460 バージョンC LS460L LS600h バージョンC LS600hL
最上級 LS460 バージョンU
LS460 バージョンL
LS460L バージョンUZ
LS460L エグゼクティブパッケージ
LS460 バージョンU
LS460 バージョンL
LS460L バージョンUZ
LS460L エグゼクティブパッケージ
LS600h バージョンU
LS600h バージョンL
LS600hL バージョンUZ
LS600hL エグゼクティブパッケージ
スポーツ LS460 バージョンS
LS460 バージョンSZ
LS460 Fスポーツ
LS600h バージョンS
LS600h Fスポーツ

初代 XF40型LSのスペック

初代LSのスペックは以下のとおりです。

項目 型式
USF40
USF41
USF45
USF46
UVF45
UVF46
エンジン ガソリン ハイブリッド
排気量 4600cc 5000cc
駆動方式 2WD 4WD
ターボ
使用燃料 ハイオク
車両重量 1940〜2110kg 2080〜2220kg 2210〜2400kg
想定実燃費 6.2km/L 5.6km/L 7.3km/L

初代 XF40型LSの維持費の目安

USF40/USF41

USF45/USF46

UVF45/UVF46

 
初代LSの維持費は型式によって異なり、年間353,075~419,275円(月あたり約29,400~34,900円)が目安となります。

  • USF40/USF41型LS
    →390,975円/年(約32,600円/月)
  • USF45/USF46型LS
    →419,275円/年(約34,900円/月)
  • UVF45/UVF46型LS
    →353,075円/年(約29,400円/月)
自動車税+重量税+車検費用+自賠責+燃料代の合計額

維持費の算出根拠

維持費はすべて1年間の費用として算出しています。
また重量税と自賠責の支払いは車検と同時に行いますので、重量税、車検費用、自賠責は2年に1回の車検の際に発生する費用を1年分に按分した金額になります。

  1. 自動車税
    自動車税は排気量によって異なりますが、初代LSはすべて同じ課税クラス(4500〜6000cc)に該当します。
    また、環境負荷の観点から新車登録後13年が経過した初代LSの自動車税は約15%増額されますが、維持費は標準税額をもとに算出しています。

    型式 標準税額 13年経過
    USF40
    USF41
    88,000円 101,200円
    USF45
    USF46
    UVF45
    UVF46
  2. 重量税
    重量税は車両重量によって異なります。
    USF45/USF46/UVF45/UVF46型LSは2000〜2500kgの課税クラスに該当し、USF40/USF41型LSはグレードにより1500〜2000kgと2000〜2500kgの課税クラスが混在しています。
    複数の課税クラスが混在するUSF40/USF41型LSについては2000kg以下のグレードをもとに維持費を算出しています。
    また新車登録後13年以上が経過したUSF40/USF41/USF45/USF46型LSは環境負荷の関係で重量税が約40%増額されますが、維持費は標準税額をもとに算出しています。
    なおハイブリッドエンジンを搭載したUVF45/UVF46型LSはエコカーに認定されているため重量税が軽減されます。

    型式 エコカー 標準税額 13年経過
    USF40
    USF41
    2000kg以下:16,400円
    2000kg超:20,500円
    2000kg以下:22,800円
    2000kg超:28,500円
    USF45
    USF46
    20,500円 28,500円
    UVF45
    UVF46
    12,500円
  3. 車検費用
    車検代行料金、一般消耗品の交換費用などを含め車検費用を50,000円としています。
  4. 自賠責
    初代LSは自家用乗用車に該当しますので、自賠責の金額は10,775円となります。
  5. 燃料代
    年間10,000km走行、ハイオク1Lあたり140円を前提条件として、基本情報で説明した型式ごとの使用燃料と想定実燃費をもとに燃料代を算出しています。

    型式 燃料代
    USF40
    USF41
    225,800円
    USF45
    USF46
    250,000円
    UVF45
    UVF46
    191,800円

任意保険料について

任意保険料は加入者の年齢やフリート等級などによって大きく変動するため維持費の目安から外しています。

ご参考までに、任意保険料は型式ごとの保険支払状況に基づいて毎年料率クラスを算出しており、損害保険料率算出機構の定める2021年の初代LSの型式別料率クラスは以下のとおりとなります。

料率クラスは1~17に区分され、数字が小さければ保険料が安く、大きければ保険料が高くなります。
補償内容 料率クラス
USF40 USF41 USF45 USF46 UVF45 UVF46
対人賠償責任保険 12 10 10 11 10 7
対物賠償責任保険 10 9 8 7 10 10
搭乗者傷害保険 8 7 7 7 7 11
車両保険 17 17 13 12 17 17

ほとんどの保険会社がこの料率クラスをもとに保険料を決定していますが、具体的な算出方法は各社に委ねられているため会社によって保険料は異なります。

複数の保険会社の保険料を比較したい場合は無料の一括見積もりサービスを活用しましょう。

初代 XF40型LSの中古車価格帯

初代LSの型式別の中古車価格帯は以下のとおりです。

USF45/USF46型LSは市場に流通する中古車が少ないため、全年式をとおした中古車価格帯としています。
年式 中古車価格帯(車両価格)
USF40
USF41
USF45
USF46
UVF45
UVF46
2006年 40〜185万円 80〜575万円
2007年 40〜275万円 65〜285万円
2008年 50〜210万円 90〜215万円
2009年 70〜295万円 90〜235万円
2010年 80〜255万円 115〜335万円
2011年 100〜295万円 140〜330万円
2012年 120〜385万円 170〜585万円
2013年 200〜415万円 200〜625万円
2014年 240〜465万円 250〜625万円
2015年 260〜475万円 265〜535万円
2016年 285〜515万円 290〜765万円
2017年

非公開車両をさがす 愛車を最高額で売る

2代目 XF50型LS(2017-)

2代目 XF50型LSの基本情報

2代目LSは2017年のフルモデルチェンジで登場し、すべての型式で使用されている数字が50台であることから通称XF50型と呼ばれています。

2代目 XF50型LSの型式

2代目LSの型式はVXFA50、VXFA55、GVF50、GVF55の4種類です。

それぞれの型式は以下のとおりエンジンの種類や駆動方式によって区分されています。

型式 エンジン 駆動方式
VXFA50 ガソリン 2WD
VXFA55 4WD
GVF50 ハイブリッド 2WD
GVF55 4WD

2代目 XF50型LSのグレード

2代目LSの主なグレード構成は以下のとおりです。

グレード VXFA50 VXFA55 GVF50 GVF55
標準 LS500 LS500h
上級 LS500 Iパッケージ
LS500 バージョンL
LS500h Iパッケージ
LS500h バージョンL
最上級 LS500 エグゼクティブ LS500h エグゼクティブ
スポーツ LS500 Fスポーツ LS500h Fスポーツ

2代目 XF50型LSのスペック

2代目LSのスペックは以下のとおりです。

項目 型式
VXFA50 VXFA55 GVF50 GVF55
エンジン ガソリン ハイブリッド
排気量 3400cc 3500cc
駆動方式 2WD 4WD 2WD 4WD
ターボ
使用燃料 ハイオク
車両重量 2150〜2260kg 2240〜2350kg 2210〜2320kg 2280〜2390kg
想定実燃費 7.6km/L 7.1km/L 11.8km/L 9.8km/L

2代目 XF50型LSの維持費の目安

VXFA50

VXFA55

GVF50

GVF55

 
2代目LSの維持費は型式によって異なり、年間248,875~335,475円(月あたり約20,700~28,000円)が目安となります。

  • VXFA50型LS
    →322,475円/年(約26,900円/月)
  • VXFA55型LS
    →335,475円/年(約28,000円/月)
  • GVF50型LS
    →248,875円/年(約20,700円/月)
  • GVF55型LS
    →273,175円/年(約22,800円/月)
自動車税+重量税+車検費用+自賠責+燃料代の合計額

維持費の算出根拠

維持費はすべて1年間の費用として算出しています。
また重量税と自賠責の支払いは車検と同時に行いますので、重量税、車検費用、自賠責は2年に1回の車検の際に発生する費用を1年分に按分した金額になります。

  1. 自動車税
    自動車税は排気量によって異なりますが、2代目LSはすべて同じ課税クラス(3000〜3500cc)に該当します。
    また自動車税制改正により2019年10月1日以降に新車登録された2代目LSの自動車税は減額されるため、維持費は新税額をもとに算出しています。(2019年9月30日以前に新車登録された2代目LSには旧税額が適用されます。)

    型式 新税額(2019/10/1以降) 旧税額
    VXFA50 57,000円 58,000円
    VXFA55
    GVF50
    GVF55
  2. 重量税
    重量税は車両重量によって異なりますが、2代目LSはすべて同じ課税クラス(2000〜2500kg)に該当します。
    またハイブリッドエンジンを搭載したGVF50/GVF55型LSはエコカーに該当するため重量税が軽減されます。

    型式 エコカー 標準税額
    VXFA50 20,500円
    VXFA55
    GVF50 12,500円
    GVF55
  3. 車検費用
    車検代行料金、一般消耗品の交換費用などを含め車検費用を50,000円としています。
  4. 自賠責
    2代目LSは自家用乗用車に該当しますので、自賠責の金額は10,775円となります。
  5. 燃料代
    年間10,000km走行、ハイオク1Lあたり140円を前提条件として、基本情報で説明した型式ごとの使用燃料と想定実燃費をもとに燃料代を算出しています。

    型式 燃料代
    VXFA50 184,200円
    VXFA55 197,200円
    GVF50 118,600円
    GVF55 142,900円

任意保険料について

任意保険料は加入者の年齢やフリート等級などによって大きく変動するため維持費の目安から外しています。

ご参考までに、任意保険料は型式ごとの保険支払状況に基づいて毎年料率クラスを算出しており、損害保険料率算出機構の定める2021年の2代目LSの型式別料率クラスは以下のとおりとなります。

料率クラスは1~17に区分され、数字が小さければ保険料が安く、大きければ保険料が高くなります。
補償内容 料率クラス
VXFA50 VXFA55 GVF50 GVF55
対人賠償責任保険 9 11 9 13
対物賠償責任保険 4 9 9 15
搭乗者傷害保険 5 7 7 7
車両保険 15 14 15 13

ほとんどの保険会社がこの料率クラスをもとに保険料を決定していますが、具体的な算出方法は各社に委ねられているため会社によって保険料は異なります。

複数の保険会社の保険料を比較したい場合は無料の一括見積もりサービスを活用しましょう。

2代目 XF50型LSの中古車価格帯

2代目LSの型式別の中古車価格帯は以下のとおりです。

2代目LSの新車価格は公式サイトをご参照ください。
なおVXFA55型LSは市場に流通する中古車が少ないため、全年式をとおした中古車価格帯としています。
年式 中古車価格帯(車両価格)
VXFA50 VXFA55 GVF50 GVF55
2017年 590〜1285万円 770〜1550万円 700〜1080万円 600〜1245万円
2018年 755〜1180万円 700〜1485万円
2019年 760〜1050万円 900〜1380万円
2020年

非公開車両をさがす 愛車を最高額で売る

LSのライバル車

LSとよく比較されるライバル車としては、トヨタのセルシオのほかベンツのSクラスセダンなどが挙げられます。

【型式別】トヨタ・セルシオの維持費と中古車価格帯

2018年10月30日

【型式別】ベンツ・Sクラスセダンの維持費と中古車価格帯

2018年12月31日

その愛車、下取りに出すつもりじゃありませんか?

車を売却する場合にまず考えるのが販売店への下取りですが、

  • 車の適性売却価格がわからない
  • 販売店の査定が妥当か判断できない
  • 交渉が苦手で販売店の提案をそのまま受けてしまう
  • といった方がほとんどのため下取りでは買取価格が安くなりがちです。

     

    ユーカーパックの愛車買取査定サービスなら、

  • 査定はユーカーパックや地域の提携業者の1回のみ
  • たくさんの業者と直接価格交渉する必要なし
  • 5000社以上の業者がオークション形式で競り合うため売却価格が高くなる
  • といったメリットがあり、交渉が苦手な方でも手間をかけずに高く愛車を売却可能です。

     

    もちろん無料のサービスとなりますので、下取りで損をしないためにも積極的に活用していきましょう。
    愛車を最高額で売る