デイズは日産が2013年から販売しているトールワゴンタイプの軽自動車です。

デイズは日産が初めて開発企画段階から関わった軽自動車で、提携先の三菱自動車と共同開発した車となります。(製造を担当するのは三菱自動車)
そのため既存の軽自動車の枠にとらわれない柔軟な発想が盛り込まれているのが特徴で、軽自動車で初となるアラウンドビューモニターやタッチパネル式のオートエアコンなど軽自動車トップクラスの快適装備を備えていることが特徴的です。

またアイドリングストップ機能なども装備しているため燃費も良く、日産らしい躍動感あるデザインを取り入れた洗練された外観も高く評価され、販売開始以降非常に高い支持を受けています。

デイズの英語表記はDAYSではなくDAYZ、これは「毎日を、昨日までと違う楽しい日々に変えていく」というコンセプトを「Sを反転させたZ」に込めた結果です。
日々の暮らしで身近に活躍する軽自動車にふさわしい意味をもつ車名といえそうですね。

なおデイズは2019年にフルモデルチェンジを行っており、現在販売されている車両は2代目モデルとなります。

以下ではデイズの型式や簡単なスペックなど基本情報を説明したあとで、型式ごとの維持費の目安、中古車価格帯を紹介していきます。

初代 B21系デイズ(2013-2019)

初代 B21系デイズの基本情報

初代デイズは2013年に登場し、型式の記載から通称B21系と呼ばれています。

初代 B21系デイズの型式

初代デイズの型式はB21W型のみです。

初代 B21系デイズのスペック

初代デイズのスペックは以下のとおりです。

項目 型式
B21W
エンジン ガソリン
排気量 660cc
駆動方式 2WD or 4WD
ターボ 混在
使用燃料 レギュラー
想定実燃費 18.4km/L

初代 B21系デイズの維持費の目安

B21W

 
初代デイズの維持費は年間120,970円(月あたり約10,100円)が目安となります。

自動車税+重量税+車検費用+自賠責+燃料代の合計額

維持費の算出根拠

維持費はすべて1年間の費用として算出しています。
また重量税と自賠責の支払いは車検と同時に行いますので、重量税、車検費用、自賠責は2年に1回の車検の際に発生する費用を1年分に按分した金額になります。

  1. 自動車税
    B21W型デイズは軽自動車ですので660cc以下の課税クラスとなります。
    また環境負荷の関係で2015年4月以降に販売されたB21W型デイズの自動車税は50%増額されますが、維持費は標準税額をもとに算出しています。

    型式 標準税額 2015年4月以降
    B21W 7,200円 10,800円
  2. 重量税
    軽自動車の重量税は車両重量の大小にかかわらず同じ課税クラスとなります。
    またB21W型デイズはエコカーに該当するグレードと該当しないグレードが混在していますが、維持費はエコカーに該当するグレードをもとに算出しています。

    型式 エコカー 標準税額
    B21W 2,500円 3,300円
  3. 車検費用
    車検代行料金、一般消耗品の交換費用などを含め車検費用を30,000円としています。
  4. 自賠責
    B21W型デイズは軽自動車ですので、自賠責の金額は10,570円となります。
  5. 燃料代
    年間10,000km走行、レギュラー1Lあたり130円を前提条件として、基本情報で説明した想定実燃費をもとに燃料代を算出しています。

    型式 燃料代
    B21W 70,700円

任意保険料について

任意保険料は加入者の年齢やフリート等級などによって大きく変動するため維持費の目安から外しています。

ご参考までに、任意保険料は型式ごとの保険支払状況に基づいて毎年料率クラスを算出しており、損害保険料率算出機構の定める2021年の初代デイズの型式別料率クラスは以下のとおりとなります。

料率クラスは1~3に区分され、数字が小さければ保険料が安く、大きければ保険料が高くなります。
補償内容 料率クラス
B21W
対人賠償責任保険 1
対物賠償責任保険 2
搭乗者傷害保険 2
車両保険 3

ほとんどの保険会社がこの料率クラスをもとに保険料を決定していますが、具体的な算出方法は各社に委ねられているため会社によって保険料は異なります。

複数の保険会社の保険料を比較したい場合は無料の一括見積もりサービスを活用しましょう。

初代 B21系デイズの中古車価格帯

初代デイズ(B21W型)の中古車価格帯は以下のとおりです。

年式 中古車価格帯(車両価格)
B21W
2013年 10〜100万円
2014年 15〜110万円
2015年 15〜115万円
2016年 30〜125万円
2017年 30〜125万円
2018年 50〜150万円
2019年 60〜160万円

非公開車両をさがす 愛車を最高額で売る

2代目 B40系デイズ(2019-)

2代目 B40系デイズの基本情報

2代目デイズは2019年のフルモデルチェンジにより登場し、型式の記載から通称B40系と呼ばれています。

2代目 B40系デイズの型式

2代目デイズの型式はB43W、B44W、B45W、B46W、B47W、B48Wの6種類です。

それぞれの型式は以下のとおり駆動方式やモデル名、ターボの有無によって区分されています。

型式 駆動方式 モデル名 ターボ
B43W 2WD デイズ
B44W デイズ ハイウェイスター
B45W
B46W 4WD デイズ
B47W デイズ ハイウェイスター
B48W
B43W/B44W/B45W型デイズ、B46W/B47W/B48W型デイズはモデル名やターボの有無が異なるものの、駆動方式は同じですのでスペック・維持費の目安・中古車価格帯の項目ではまとめて紹介します。

2代目 B40系デイズのスペック

2代目デイズのスペックは以下のとおりです。

項目 型式
B43W
B44W
B45W
B46W
B47W
B48W
エンジン ガソリン
排気量 660cc
駆動方式 2WD 4WD
ターボ 混在
使用燃料 レギュラー
想定実燃費 18.9km/L 16.8km/L

2代目 B40系デイズの維持費の目安

B43W/B44W/B45W

B46W/B47W/B48W

 
2代目デイズの維持費は型式によって異なり、年間122,670~131,270円(月あたり約10,200~10,900円)が目安となります。

  • B43W/B44W/B45W系デイズ
    →122,670円/年(約10,200円/月)
  • B46W/B47W/B48W系デイズ
    →131,270円/年(約10,900円/月)
自動車税+重量税+車検費用+自賠責+燃料代の合計額

維持費の算出根拠

維持費はすべて1年間の費用として算出しています。
また重量税と自賠責の支払いは車検と同時に行いますので、重量税、車検費用、自賠責は2年に1回の車検の際に発生する費用を1年分に按分した金額になります。

  1. 自動車税
    2代目デイズは軽自動車ですので660cc以下の課税クラスに該当するため10,800円となります。
  2. 重量税
    軽自動車の重量税は車両重量の大小にかかわらず同じ課税クラスとなります。
    またB43W/B44W/B46W/B47W型デイズはエコカーに該当しますので、維持費はエコカーに該当する車両をもとに算出しています。

    型式 エコカー 標準税額
    B43W 2,500円
    B44W
    B45W 3,300円
    B46W 2,500円
    B47W
    B48W 3,300円
  3. 車検費用
    車検代行料金、一般消耗品の交換費用などを含め車検費用を30,000円としています。
  4. 自賠責
    2代目デイズは軽自動車ですので、自賠責の金額は10,570円となります。
  5. 燃料代
    年間10,000km走行、レギュラー1Lあたり130円を前提条件として、基本情報で説明した想定実燃費をもとに燃料代を算出しています。

    型式 燃料代
    B43W
    B44W
    B45W
    68,800円
    B46W
    B47W
    B48W
    77,400円

任意保険料について

任意保険料は加入者の年齢やフリート等級などによって大きく変動するため維持費の目安から外しています。

ご参考までに、任意保険料は型式ごとの保険支払状況に基づいて毎年料率クラスを算出しており、損害保険料率算出機構の定める2021年の2代目デイズの型式別料率クラスは以下のとおりとなります。

料率クラスは1~3に区分され、数字が小さければ保険料が安く、大きければ保険料が高くなります。
補償内容 料率クラス
B43W B44W B45W B46W B47W B48W
対人賠償責任保険 3 1 1 2 2 1
対物賠償責任保険 1 1 1 1 1 1
搭乗者傷害保険 1 2 2 2 2 2
車両保険 3 3 3 3 3 3

ほとんどの保険会社がこの料率クラスをもとに保険料を決定していますが、具体的な算出方法は各社に委ねられているため会社によって保険料は異なります。

複数の保険会社の保険料を比較したい場合は無料の一括見積もりサービスを活用しましょう。

2代目 B40系デイズの中古車価格帯

2代目デイズの型式別の中古車価格帯は以下のとおりです。

2代目デイズの新車価格については公式サイトをご参照ください。
年式 中古車価格帯(車両価格)
B43W
B44W
B45W
B46W
B47W
B48W
2019年 65〜165万円 80〜165万円
2020年 75〜185万円 105〜185万円

非公開車両をさがす 愛車を最高額で売る

デイズのライバル車

デイズとよく比較されるライバル車としては、スズキのワゴンRやホンダのN-WGN、ダイハツのムーヴなどが挙げられます。

【型式別】スズキ・ワゴンRの維持費と中古車価格帯

2018年5月24日

【型式別】ホンダ・N-WGNの維持費と中古車価格帯

2018年6月19日

【型式別】ダイハツ・ムーヴの維持費と中古車価格帯

2018年6月4日

その愛車、下取りに出すつもりじゃありませんか?

車を売却する場合にまず考えるのが販売店への下取りですが、

  • 車の適性売却価格がわからない
  • 販売店の査定が妥当か判断できない
  • 交渉が苦手で販売店の提案をそのまま受けてしまう
  • といった方がほとんどのため下取りでは買取価格が安くなりがちです。

     

    ユーカーパックの愛車買取査定サービスなら、

  • 査定はユーカーパックや地域の提携業者の1回のみ
  • たくさんの業者と直接価格交渉する必要なし
  • 5000社以上の業者がオークション形式で競り合うため売却価格が高くなる
  • といったメリットがあり、交渉が苦手な方でも手間をかけずに高く愛車を売却可能です。

     

    もちろん無料のサービスとなりますので、下取りで損をしないためにも積極的に活用していきましょう。
    愛車を最高額で売る